Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

碑文解読成功

2011.01.03 Monday 19:03

昨日は、寒いのにバイクで神社めぐりをしてしまった。
地元で、琴平神社、稲荷大明神、早尾天神社、諏訪神社、蛟蝄神社門の宮と奥の宮、二宮神社、布川神社のつごう8社。
でも、実は初詣ではないのである。
だいたい今年はわが家は喪中であり、そんなことは本来してはいけないわけだ。

つまり参拝することなく、撮影に出かけたわけなのだが、目的は、地域サイト掲載用のシーンハンティング。年始の神社の平常時とのちがいの確認が主だった。

結果としては大晦日・元旦の最盛期ではない2日であったためか大した人出もなく、常日頃の様子と大差がなかった。
それでも注連縄の付け替えなどの新年だけの模様替えの様子や新築・改築された社務所や瑞垣なども確認することができた。
そうしたなかで、あとで帰宅して写真整理していたときにわかったことだが、懸案だったある碑文の解明をすることができた。
それは、諏訪神社にある、「新利根川大堤修補碑」という石碑に記された碑文である。
新利根川大堤修補碑
この碑は18世紀中頃、当時水害に悩まされていたこの地区の工事を受け持った鯖江藩五万石の殿様である間部詮方の業績を記したものである。
その碑文の最後のほうの「延■二十五里」の■印の文字が判読しづらいのである。碑の拡大
利根川の堤防修理の規模を示していることは前後の文脈でわかるので、これは延べの長さが25里という意味にはちがいないのだが、どうも当該文字が「長」には見えない。
しかし、少々似ているところもあるから逆に長でいいじゃないかと安易な気分にさせられるのも困ってしまう。

それで、まず、今回手ぶれしないように慎重に撮った写真を拡大し、それを見ながらMSIMEのIMEパッドの手書きツールでなぞってみた。
認識結果の画面に、いままで見た事もない難字がいくつか示されてくるが、写真の文字に似たものでわたしが知らないものを探してみた。
すると、2つの候補があがった。
碑の拡大
である。
チツとボウと読むのだが、こういう文字は初めて見た。
漢文で見ていたかも知れないが覚えていない。意味もむろん分からない。

そこで、それに延という字を付けて熟語として成立するのか検索してみた。
前者は、ヒットしないが、後者の検索結果を見て、「これだ!」と思った。

えんぼう【延袤 の意味とは- Yahoo!辞書
大辞林 (国語辞書) 〔補説〕 「延」は横のことで東西、「袤」は縦のことで南北の意。土地の広さ。また、長さ。

ここに懸案だった碑文の解読が完了した。

話は少しさかのぼるが、実は、赤松宗旦の利根川図志にこの碑文を解説したくだりがある。
岩波文庫の利根川図志141ページの新利根川の項目にそれがあるのだが、そこには延とある。
これはまったく意味不明である。「えんこん」という言葉はどう調べても見つからない。
の字には長さとかそういう意味合いはないと思う。
これは原本となっている赤松宗旦の文献から、岩波文庫編集者もしくは印刷製版業者が文字を写しまちがえたのではないだろうかと思ったが、原本を取り寄せて確認するのは可能かどうかも含め面倒だからそのままにしておいた。

ところが後日この原本ともいうべきものが利根町史に掲載されているのを発見した。
それは、同じ赤松宗旦の「布川案内記草稿(来見寺所蔵)」というもので、そこには、利根川図志とほぼ同一の新利根川の項目が記されているのだが、宗旦直筆で全文にふりがなが付いている。
これによると件の箇所は以下のようになっている。
布川案内記
やっと判明するかと思ったが、この字はこの字でまた判読が難しい。
とはあきらかに異字であり、ともちがうのはいま見てみてもわかる。
しかし、とはほとんど同じだが、真ん中の矛の上部が少しちがう。
似ている字はいくつかあるがやはり一部はちがうし、もしその字であったとしてもこんどはどれも意味をなさない。

布川案内記にはふりがなが付けられているのでここから推理してみる。
しかしながら、このふりがながまた難物である。
いったいこれはなんと読むのだろう?「えん」の後のまさしく知りたいところのかなが読めない。
漢字も分からないし、ふりがなが付いているのに読むこともできない。
ここで、以前は挫折していたのである。
もちろんその当時はの字の存在を知らなかったわけである。

そしていま・・・どうも当該箇所は変体かなであろうことは以前から思っていた。
それに濁点がついているようだ。ただ、そうだとしてもなんとも読むことができなかった。
そこで、逆引きの考えをここでしてみる。
ひらがなの「ほ」は変体かなでは「本」を崩し書きして、以下のように記す。
変体かな
これに濁点を付けるとどうも布川案内記で付けられた振り仮名と同じ文字のように見える。
とすれば、これはまさしく「えんぼう」である。
これで、碑文の写真からの解読と宗旦のふりがなも「えんぼう」で一致した。

もしかすると赤松宗旦がこの碑を解読し、「えんぼう」と読んだかもしくは推定はしたが、字を書きまちがえたのかも知れない。おもしろいことに、宗旦自身もこの語句を難解と思ったのか、左側にナガサ(=長さ)という注釈を付けている。

いずれにせよ、当時を語る原点のものはこの碑自身である。
碑文をよく見れば、意味からいってもこれが延袤であることは確実であるとわたしは確信した。

そうなると・・・。
赤松宗旦の布川案内記草稿の当該漢字については残念ながら、著者が故人であるため問いただすことはできない。
しかし、少なくとも岩波文庫については、あきらかなまちがいであると指摘するべきと思うがいかがなものだろうか。

探訪 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

イタリア紀行

2009.06.17 Wednesday 05:39
ようやくイタリア紀行最終章を以下にUP。

じぶん探訪 その7-10.イタリア紀行(最終章) 「アリベデルチ、ローマ」

帰国してから約2ヵ月で全10章のコンテンツをやっと創り終えた。
使った写真は660枚。画像処理は旅行よりも疲れたかも知れない。

最終章はローマ。
バチカンのサン・ピエトロ大聖堂と・・・。
バチカン「サン・ピエトロ大聖堂」
コロッセオ。
コロッセオ
そして、スペイン広場など。
スペイン広場

コインを後ろ向きに投げ入れるとまたローマに来れるというトレビの泉なんかも。
また、行けることがあればいいのだが・・・。

探訪 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

イタリア紀行

2009.06.02 Tuesday 21:50
昨日イタリア紀行カプリ島オプション編を以下にUP。

じぶん探訪 その7-9.イタリア紀行宗 崟弔茲蠅睚砲映えるカプリ島」

今回は以下の画像だけ。詳しくは上記。
カプリ島のヴィッラ・サンミケーレからイタリア本土方面を眺める。
カプリ島

カプリ島を出航した直後。マリーナ・グランデ(港)を見る。
カプリ島の海
探訪 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

イタリア紀行

2009.05.28 Thursday 01:56
昨日だがイタリア紀行 ピサ編を以下にUPした。

じぶん探訪 その7-8.イタリア紀行次 嵶構イ魎兇犬覯砲發覆と焼ピサ観光前後」

フィレンツェからのなんともあわただしい半日オプションで、
斜塔に登る時間も土産物屋を見る暇もない。
ピサの斜塔
この構図がいちばん傾いて見えるという。
ピサの斜塔は現在、一応あと300年ほどは倒れずにもつそうだが、
この傾きを軽減する画期的な方法を生み出したのは
北欧の少女の素朴なアイデアからという。

探訪 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

イタリア紀行

2009.05.20 Wednesday 15:57
イタリア紀行 フィレンツェの市内観光のメインスポットを以下に紹介。

じぶん探訪 その7-7.イタリア紀行察 屮侫レンツェはなにもかもが美しく」

フィレンツェはとても美しい街。まず、それが一望できる丘へ。
市内東南にあるミケランジェロ広場からの眺望。
中央のドーム型の建物がサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。
ドゥオーモとも呼ばれるが、ドゥオーモ=ドームではない。
その意味は本編で。
ミケランジェロ広場からフィレンツェの街を一望

ボッティチェッリやミケランジェロなど
ルネサンスの中心的芸術家の作品を収蔵するウッフィッツィ美術館。
その2F回廊から眺めたヴェッキオ橋。
美術品は撮影できないが、外の景色なら、ということだが、
この橋も著名な観光スポット。
ウッフィッツィ美術館回廊から見たヴェッキオ橋
探訪 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

イタリア紀行

2009.05.13 Wednesday 00:47
イタリア紀行困魄焚爾UP。
ベネチアからフィレンツェへの移動時の話である。

じぶん探訪 その7-6.イタリア紀行此 嵬欧辰討呂い蕕譴覆ぅ侫レンツェへの道」

行程274km、約3時間半の移動だが、その途中から
すべてが世界遺産のトスカーナ州に入る。
フィレンツェはその州都である。
移動時のことはまったく想定外だったのだが、
その美しい田園風景に驚いてしまった。
トスカーナ地方の田園風景
しかし、これらはあくまでも「移動中」であり、
観光コースというわけではない。
したがって、写真はすべてバスの窓からのものとなる。
これが残念でならなかった。
(上の写真はバスの窓外ではなくある店の窓からの景色)

ヨーロッパの田園がかくも美しいのはどうしてなのか。
そんなことを考えながら3時間半を一睡もせずに
窓外に目を凝らせていたわたしであった。
探訪 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

イタリア紀行検↓

2009.05.07 Thursday 04:40
イタリア紀行ベネチア編を以下にUPした。

じぶん探訪 その7-4.イタリア紀行検 屮戰優船¬堆ホテル」
じぶん探訪 その7-5.イタリア紀行后 崟欧譴討気蕕傍韻ベネチア」

「水の都」と呼ばれるベネチアだから、その象徴的な風景は運河。
中心を流れるカナル・グランデ(大運河)とそれに架かるリアルト橋を以下。
カナル・グランデ(大運河)
リアルト橋

またベネチアでは、泊まったホテルもなかなかユニークで気に入った。
ホテルの廊下
写真のようにまっすぐではない廊下とか、
いちどひとつ上のフロアに上ってから階段で下りないと
たどりつけない部屋とか、とてもミステリアス。
探訪 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

イタリア紀行

2009.04.28 Tuesday 01:09
一昨日に続いてイタリア紀行の続編を以下にUP。

じぶん探訪 その7-3.イタリア紀行掘 屬待ちドゥオーモ。ミラノ・ヨーロッパ」

ここからようやく観光の本編。
まず最初は、ミラノの市内観光。
半日しかゆとりがなかったが、まあ主なものを駆け足で。
メインは、以下。
ミラノのシンボル。ドゥオーモ

ミラノのシンボルともいえる繊細かつ華麗なゴシック教会であるドゥオーモ。
ここの屋上まで登ってみた。ミラノ市内が一望できる。
時間がなくて、この天辺の黄金のマリア像を撮り損ねてしまった。
黄金には縁のない人生だからそんなものだね。
探訪 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

イタリア紀行機↓

2009.04.26 Sunday 03:03
せっかく行ったのだから、旅行記を書いてみようかと。
で、メインサイトにほんのさわりを掲載。
ここには、出発前のこととか、到着時のホテルの様子とかだけで、
肝心の名所スポットは、これからというところ。
これから海外に初めて行こうという人には、
もしかして参考になることもあれば幸い。

じぶん探訪 その7-1.イタリア紀行機 崕佝前の暗雲晴れて」
じぶん探訪 その7-2.イタリア紀行供 屮潺薀涼紂4待はずれも天気快晴」

ここでは、以下、上記の一部を紹介。
シベリア
これは、出発便の窓から見たシベリアの凍土。
外気は-50度だけど、地上でもそうとう寒そうだ。

日本語で書かれた警報ベル
最初のミラノのホテルのバスルームでの写真。
なんかヒモが垂れ下がっている。
これはバスルームで何かトラブルが起きたときにホテルマンを
呼ぶための警報アラーム。
ところが、用もないのに換気扇かなにかと間違えるのか、
これを引っ張ってしまう日本人が多くて
あちこちのホテルで困っているそうである。
そのせいか、このヒモにはこの部屋で唯一、
日本語で「警報ベル」と記されている。(画像クリック参照)

探訪 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

梅雨の晴れ間に

2007.07.08 Sunday 19:56
きょうは梅雨の晴れ間。
足も痛めているのにちょっとやりすぎの探索もしてみた。

恐らく昔はそれが本道であったところがいまは通行もなくなった場所に1本の橋が架かっている。
陸橋から見えるのでなんとかそこまで行きたいと思い、少し離れた土手のほうから周りこんでやっとたどり着くことができた。
その橋の名前を確認しようとしたが、欄干のたもとはいずれも背丈ほどの雑草が植わっている。
古い橋
なんとかそれを掻き分けて橋の名前を確認、撮ったはいいものの、突然、親指の付け根に強烈な痛み。
どうもハチなのかケムシなのかわからないが草に隠れていたヤツに刺されたらしい。
骨に響くような痛みに加えてしばらくして腫れも出てきた。
出かけて間もないときだったし、いつ天候がくずれるかも知れないので家に戻って手当てをする気になれない。仕方なく薬局を探して薬をつけてもらった。
最初に気休めでもいいかと思って患部に口をあて毒液を吸って出したりしたのも効いたのか、腫れも痛みも収まったのでそのまま続行。

今度は先日、写真を整理していて見つかった、13基並んでいた石塔のうち1基が消失していたのを調べるため再度、現地へ。
すると真後ろに倒れているのを発見。
ほんとうはセメントか何かで固定しないとまた倒れてしまうのだろうが、このままではいかにも哀れなので、よけいなお世話だとも思ったが直して、石塔の後に石ころをかましてやった。大風が吹かなければ少し保つだろう。
後に倒れた石塔
(画像クリックすると13基並んだ写真。右から6基目が直した石塔)
なんか昔あった地蔵の雪を払いミノかさをかけてやる逸話を思い出したが、そんな崇高な気分でやるわけではなく、わたしのはそろったところを写真に撮りたいという欲望のためだ。ご利益などむろん望んではいない。くれるというならもらうけどね。

それから、これもまたある高台からいつも見晴らしのいい景色を撮ったりしていたのだが、その下の大草原へはどうやったらたどりつけるのか、それにきょうはとうとうチャレンジしてみた。
いつも見ていた上からの景色
どうもそこはある土建業の砂利採取場から入っていくようで、いわば私有地なのである。しかも、その入口にはよく吠える犬がいる。
殺人死体を隠すには絶好の場所にも思えるので(これは冗談)、なんとか探検してみたい。
犬がいる場所を中央突破しないで行ける脇道を見つけた。
で、とうとう、その草原へ。不法侵入なのかな、これは。見つかったらどうしよう。
でも、なんにもなかった。
上を見上げると、確かにいつも見下ろしていた場所が見える。
まあ、ここでは見え見えだから、悪いことはできないか、と納得。

また、あるところではせっかく気に入っていた壊れた橋が撤去されていた。
崩れてしまったのかな。仕方ないけど残念。
以下は上が昨年10月時。下が本日。
0610月は確かに存在していた橋
本日は橋は消失している
また、まだかなと思っていた親水公園の古代ハスも咲いているのでびっくりしたり。

梅雨の晴れ間、つかの間だったけど、いろいろあった一日。
探訪 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |