Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

狸囃子もどき

2005.08.03 Wednesday 23:37
先日の布川神社大祭の初日の夕刻。
妻が、ちょっととわたしの手を引っ張る。
トイレに連れていかれ、
「ねえ、あれ、狸囃子じゃない?」

実は、その少し前にトイレに入っていたわたしは
先刻そのことを承知していたのだ。
(ちなみに、わたしの家は狸囃子がきこえる。その場所がトイレなのだ・・・この詳細はこちらで)

しかし、やはり、前に聞いたものと比べてまだまだ鮮明さに欠ける。
しかも深夜ではない夕刻時分だし、さらにその日は大祭。
聞こえてもまったく不思議はないのだ。
「狸囃子ではないホンモノのお囃子」が、という意味で。

妻もそれが分っているから
幽けき一縷の可能性と思ってはみても
わたしに確認してみたのだろう。

ただ、そうでないものを、そうだというわけにはいかない。

「あれは大祭のお囃子の音だよ」
と言いながら、それでも2人で、玄関へ。

ところが・・・。
外に出て見ると、その音はまったく聞こえないのだ。
宵闇迫る空を眺めて耳を済ますがくだんの音はピタリと止んでいる。

演奏がたまたまそのとき休止したのか?
と家の中に戻り、またトイレで耳を澄ますと・・・

聞こえてくる。

「ねっ?」
と、妻に言われても、やはりこれではまだ以前とはちがう。

ただ、偶然にしろ外に出たときに聞こえないのは不思議ではある。
また、家の外に出て音が掻き消えてしまうのなら
音源を追いかけることなんてできないなあ、とも思う。

このこととよく似た体験を、その翌々日、
大祭最終日の日曜の夜にすることになる。
神社の裏手の小学校校庭のほうから屋台の競演を見に行ったときのことだ。

最初、小学校の校門前までは何も聞こえてこない。
まだ何も催事が始まっていないのかと疑ったくらい静かである。
ところが校庭に入ったとたんに大きなお囃子の音が聞こえてきた。
このギャップ。
音のグラデーションではなく、これはまさしく音の断層だ。
こんなにもちがうのか。

狸囃子の追体験ではなかったが、その科学的解明のヒントを
少し掴んだような気がした。

(ただし、以上の話は「狸囃子について」に記すほどでもなかろう)
不思議 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

不思議ですね〜。

音は波。だから反響だろうと思っていました。
記事の「トイレでの狸囃子」もそのように考えられるけど、
問題はまだまだあります。

校庭での「音の断層」は反響とは云えないね。
反響により音が消えていても校門前まで聞こえないはずはないし。
余程広い校庭とかドームに覆われているわけではないでしょ?

ミステリーのドラマでも、ある場所に立つと聞こえる声っていうのがあったな。
タヌポンさんの解答を待つことにします。
| JOKER | 2005/08/05 9:04 PM |
JOKERさん、どうも。
神社と小学校・校庭の位置関係も詳細に説明しないと
分かりにくいことですが・・・。

そうですね、反響というより、障害物があって聞こえない、
ということと、もうひとつ風のはたらきで
音の流れが変化する、ということもあると思います。

この日の意外性は、実は
校庭を囲う壁のあるなしで、こんなにもちがうのか、
という実感です。
校庭より低い位置の石段下のお囃子等が
上まで登って聞こえるのに
それがなぜ校庭の壁を越えるまではいかなかったのか、
ということも不思議です。

そんなところに「断層」めいた音の伝わり方を感じました。

ドップラー効果とかいろいろあるけど、壁のあるなし、風のあるなしで、音は様々に変化する、一筋縄にはいかない代物であるとも思いました。

それにしてもまだこれは「狸囃子」には程遠いです。

もう少し待っててくださいね。
| tanupon | 2005/08/05 10:26 PM |
へぇーーーーーこれまた面白い。
音って不思議だなぁ。。。
っていうか、人間の耳も不思議。
以前、テレビで人間の耳が音を感じるしくみのことをやっていて
音を感じる毛が生えてるんだけど、それが高い音が聞こえる毛から
順々に抜けていってしまうので、年を取るとキンキンした声は
聞きづらくなるんだって。。。
ウチは母親がとても耳が遠くて、男性の太い声は聞こえるけれど、
女性の声とか、小鳥のさえずりとかが聞きづらくなってきたらしい。
音が聞こえることって素晴らしいんだよなと思う。。。
なんか記事の話題から外れちゃった。。。
| ** IT_DESIGN **(ハチ) | 2005/08/06 9:58 AM |
ハチさん、どうも。

>年を取るとキンキンした声は聞きづらく
これは好都合でもありますが、やはり老化はいやですね。
音だけでなく目のほうも困ります。

土曜日なのに早くからお仕事ですか?お疲れ様です。
わたしはきょうから夏休みです。9日間。
どこへ行くわけでもなく、探索一筋です。

いまから図書館いって史料を借り、
おんぼろ50ccバイクを修理してもらう予定。
探索の友ですからね。
趣味のことなら炎天下でも平気です。

ここ一週間を休んで、ちょうどお盆の週から出社すると
通勤電車も都心も人が少なく快適です。
食堂が休みになるところが多く昼食に少し困りますが・・・。

アクロ氏も多忙なようで、
皆さんお若い方はたいへんですなあ。
せいぜい夏ばてにお気をつけて!

がんばってください。


| tanupon | 2005/08/06 12:52 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/241950

トラックバック