Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

中島らも

2007.08.07 Tuesday 15:30
中島らもという作家がいる。
つい先年他界したのだが、昔はわたしと同業のコピーライターだった。
氏が著名人になってからあるとき夕刊フジかなにかの連載を担当していたとき、紙上で、わたしのつくった広告のキャッチフレーズを褒めてくれたことがあった。

それは、オーストラリアの航空会社の仕事で社の提携先のオーストラリアの広告代理店経由で依頼が来たものだった。
わずか1晩という短時間しか考える時間がなかったが、制作局長から社を代表してと言いくるめられて担当した。
当時わたしとしては脂ののった時期だったので自分でもまあまあと思うのを2案作って翌朝プレゼンし、どちらも好評でそのいっぽうの案でわずか4.5千万程度のキャンペーン規模だったが雑誌広告が展開された。
それを中島らもに偶然見られて、軽く「いいね」とかそんな程度だったと思うが書いてもらったわけである。

純粋な気持ちで単純に礼をしたいとずっと思っていたのだが、とくに氏とは面識はない。有名人に取り入るような感じになるのはイヤなので、機会があればいつかはと思っていたら訃報を聞いた。
やれやれやはり手紙でも書いておけばよかったかなと思っていたところ、先日、著作を書店で見かけたので、あまり興味はなかったのだが、供養にと思ってひとつ買って読んでみた。

灘高校を8番で入学したがエリート大学には進学できず、けっこう酒や薬物に手をつけたりして荒唐無稽な生活をし、身体が蝕まれているようなことが書いてある。
さかんに何回か直木賞受賞寸前までいったことが愚痴なのか未練なのか記されていたが、審査員の渡辺淳一の好みのものを書けといわれればカンタンだがそんなことはしたくないのだ、そんな主旨のことが書かれていた。

その意気やよし、と思った。
音楽関係などちょっとわたしとは趣味のあわない面もあるが、なかなか面白いな。
生前にやはりコンタクトとっていればよかったかなと少し後悔もしながら、別の著作も読んでみようかなと思っていたら・・・。
池波正太郎の悪口が書かれていた。

池波正太郎は昨今、気に入っていたので少々不愉快になった。
それからしばらくして、なぜかわたしは中島らもの著作も、池波正太郎の小説もどちらも読む気になれなくなってしまった。
悪口とは、そんな効果があるのだな。
メインサイトで割腹自殺を図った著名作家の悪口を書いてしまったが、もう人の悪口を言うのはやめようと思った。

ちなみに中島らもに褒めてもらった広告フレーズは、以下である。
航空会社の韓国デスティネーションのキャンペーンフレーズであるが、当時、まだわたしは韓国に行ったことがなかった。

不思議だなあ。初めて来たのに懐かしい。
文学・小説 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

らも、好きなんです。
小説もエッセイも生き方も。

tanuponさんのキャッチ、素敵ですね。
遠いような近いような。
| アクロ | 2007/08/07 11:16 PM |
マスター、ご無沙汰です。
そうですか、らもファンですか。なんとなく分かりますね。早熟すぎたんでしょうね、彼は。
>素敵
恐縮です。自慢話のつもりではなかったのですが・・。
オーストラリア人は韓国と日本の差などまるでわからないので日本提携先に依頼してきたものです。日本人に韓国へ行かせるためのキャンペーンなんて外人にはムリですよねえ。
こちらも韓国など行ったことないのに韓国へ行こうキャンペーンですからね。まあ、「製品」がその場にないのに「想像」で広告を「創造」しなければならないことも多々あります。できなきゃプロじゃありませんしね。
これは、おそらく日本よりひと時代昔の風景があるものと勝手に「想像」し、デジャヴをモチーフに企画しました。通訳の女性も気に入ってくれたのでオーストリア人のクリエイターにも十分理解してもらえました。
| tanupon | 2007/08/08 3:04 PM |
なんとなく、そーではないか?と思っていましたが
やはり大手代理店のコピーライターだったのですね!^^

中島らも・・・「灘」だったのですか!
大体入学時の席次のまま卒業するところなんですけどね。
たまにはそういう例外もあるのでしょう。

今日、灘中のラグビーの試合を撮影してました。(笑)
今年のチームは、昨年と比べてかなり戦力ダウンしてます。
高校はそこそこ頑張っていましたけどね。

池波正太郎の忍者モノは好きです。

たぬぽんさんもそろそろ直木賞あたりをとりにいきましょうよ!

| るーく | 2007/08/09 12:04 AM |
るーくさん、
メインサイトではそれとなく素性を明かしているのでしたが・・・
>大手代理店の
うーん、電博じゃないけど10位以内は大手なんですか。でももう過去の話です。
中島らもは尼崎出身のようです。るーくさんと同じ兵庫ですね。「灘」のことはよくご存知でしょうね。
>直木賞
これもうーーん、ですね。大学時代に名もない同人にほんの少し参加してたこともありましたが、いまさらという感じですね。これは意欲も世俗的な「欲」も必要なので・・・もちろん才能もですが。いずれも、足りませんね。とくに世俗的な欲はあまりなく、自己満足で十分満足できる性格ですので(笑)
| tanupon | 2007/08/09 5:48 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/669588

トラックバック