Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

宝島と海辺のカフカ

2007.08.29 Wednesday 13:36
宝島といっしょに買ったのが村上春樹の「海辺のカフカ」。
とくに双方に関連はなく、書店の同じような場所にあったからだが、宝島が上の棚にひっそりしていたのに比べ、カフカのほうは平積みで只今キャンペーン中。海外でも絶賛、とかある。
村上春樹は前にデビューして話題を呼んだとき、いわゆる若者向きのうわついた小説だろうと思い、ほとんど無視していたのだが、何年か前に、これも「教養」のためか何気なく「ノルウェイの森」を手に取ったことがある。
読んでみて、驚いた。こんな世界があったのかと。
そしてまた、そこに、久々に文章の卓越した作家を発見した。とくに、比喩・暗喩・擬人化がうまい。これはわたしにとって康成や太宰など以来の評価といっていい。
それで当時「ねじまき鳥クロニクル」やいろいろ関連作を読んだことがあったが、「海辺のカフカ」は最新作なのかわからないが未読だったので買ってみた。それがちょうど宝島を読もうとしたときとたまたま一致していたわけである。
ところが・・・。

たいへん比喩が上手だと書いたが、文中の主人公の言葉を「きみは(短い)あいづちの天才だね」とかいうようなくだりがある。これは作家がみずからを褒めた言葉のようでおかしかった。あいづちをうつのは物語中の主人公だが、その言葉を考えたのは作家であるから。
ほかにもいくつも巧みな比喩を随所に見つけた。
そのなかでなるほどと思ったのが、AとBの関係はまるで海賊とラム酒のような云々・・・というもの。

わたしはそのとき、村上春樹は、この小説を手がけたときに、わたしと同様に「宝島」を直前に読んでいた、とまでは言わないが、なにか想起していたのではないかと思った。
「宝島」には、海賊と酒、とくにラム酒の話がふんだんにちりばめられていたからである。



独特の世界が楽しめます
海辺のカフカ(上)
新潮文庫
村上 春樹 (著)
(「海辺のカフカ」自体は過去の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」などの世界から一向に進化していないように思う。2002年作で、2005年に英語版Kafka on the Shoreが刊行、アメリカ、イギリスでベストセラーになったとか)
文学・小説 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/675619

トラックバック