Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

総裁に石原伸晃氏は?

2008.09.04 Thursday 02:56
政治の話などこのブログでするつもりはなかった。
が、あまりにも情けない自民党を見ていてちょっとした素人の思いつきを。
最初に断っておくがわたしは無党派であり、選挙にも行かないし、
だれのファンでもない。また、複雑な派閥のことも熟知してないし興味もない。

自民党総裁はこのままでいくと麻生氏になるんだろう。
日本という国に絶対の責任を背負うべき総理でありながら
自分の都合を優先したとされる福田氏が
密約禅譲したという疑いもある麻生氏。
これよりほかに対抗馬が見つからないという状況が情けない。

若手の谷垣氏はうーーんという感じだし、中川氏などはちょっと暗いね。
なんか女性議員の名が約2名ほど出ていて、その一人は
まんざらでもなさそうだが、国民の大半はしらけているのでは?
また小泉前首相最出馬というのは、ホントに人材不足なんだねという思い。

みんな混迷の自民党をどうするかということばかり。
大切なのは日本をどうするかということと、
民主党に勝てる候補はだれかということ。
自民党総裁を選ぶには小沢氏と顔を並べて
国民がどちらを選ぶかを考えてみるといい。

小池vs小沢
谷垣vs小沢

これは最初から勝負あったといわざるを得ない。
「小池さんが自民総裁ですか。これは手ごわいですなあ」
と高笑いする小沢氏の顔が目に浮かぶ。
それでは麻生太郎vs小沢一郎 はどうか。
これもここ数年の自民党混迷のあいだに力を増した小沢氏のほうが
もはや役者が上といわざるを得ない。
小沢氏に対抗するには、派閥・実績・しがらみを乗り越えて、
そうとう思い切った候補を立てないともはや勝てないのではないだろうか。

こういう場合、小沢氏に勝てる要素(もはやイメージでいい)をもった
候補を立てるのが常道というものだ。
小沢氏に勝てる要素とはなにか?
ひとつは、若さ。老練・老獪の反対。
もうひとつは、清廉。腹黒さの反対。
もちろん知名度の高さは必要条件だ。

探してみたら一人だけ見つかった。
石原伸晃氏はどうなのだろう?
名前があがっていないのは、それなりに理由があるんだろうけど。

氏は本当に清廉なのかどうか知らないし、有能なのかどうかも不勉強で知らない。
しかし、若いしそんなイメージはある。
父親と比べて、一見ひ弱でリーダーシップもなさそうに見えるが、
総裁になったとき、慎太郎氏のあの押しの強さが
いい意味で遺伝的に発揮されるかも知れない。

自民党が来る解散総選挙で過半数を取るためには
ひとつ石原伸晃氏で、イメージ一新(可能かどうか不明だが)してみてはどうか。
民主党にとって意外な候補なら、国民にとっても斬新な候補だ。
「またか」「だれがなっても同じさ」
という国民の声を今度こそ自民党は消さねばならない。
意表を突かれた小沢氏の「これは・・・」という困惑顔も少し見えそうな。

辛勝でも勝ちさえすれば、次の総選挙に全生命を賭けている小沢氏はこれで挫折するだろう。
そして意気消沈した民主党と今度こそ連立し、管氏などの勢力を取り組むといい。

そして、ほんとうに、国民のために体を張って働く政治家の集団を再構築してほしい。
辞任するくらいなら、凶弾に当たって潔く・・・そんな覚悟あってこそ政治家だ。

石原伸晃氏にその気がないなら、もうだめだけど。
また、立候補し自民党内で票をまとめる能力もないとだめだ。
これが難しいんだろうなあ。
麻生氏が野心を捨て、国を憂い、石原氏を推薦するようなことがあれば、
わたしは麻生氏を見直し絶賛するのだが、そうはいかんか。

(上記はまったく個人的な意見です。筆者と石原伸晃氏とはなんの関係も面識もありません。また、果たして氏が国民の多くの支持を得られるかどうかはまったくわかりません)
意見・感想・文句 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

福田さん。
いつどの様なタイミングで辞めるのだろう?と思っていましたが・・・
最後は個人の判断で押し切ったみたいですが、これまでの流れからいうと
規定路線だったのでしょう。(^◇^;)

たぬさんのイチオシは石原伸晃氏ですかっ!
今頃は推薦人集めに奔走しているのではないでしょうか?
同世代でいうと、私は・・・渡辺喜美がいいと思います。(笑)
無派閥で一匹狼的な存在なのでとてもじゃないが20人の推薦人は集められないと思いますが、いつか出て来ると思ってます。

さて、個人的な大胆予測ですが・・・
次の自民党の総理は誰でもいいんです。
衆院選に勝てる「顔」であれば・・・
勝てる!というのは最低限自公で過半数を!という事ですが

一方の小沢民主は、過半数とれなければ負けです。
ご本人は引退宣言までしてますが、本音はそこにありません。
国家国民の為というお題目で「大連立」を仕掛け、自民、民主の大連立政権を誕生させます。

しかしながら長くは続きません。
参院を中心とした反小沢グループが抜けて、自民、公明、と新しい連立政権をつくります。
参院のねじれが解消するまで、暫くはこの形が続きます。

政権交代が可能な二大政党制が根付くには、小沢氏が消えない限り無理ではないかと・・・
まさに歴史は繰り返す。といった展開になるのではないかと思います。(笑)
| るーく | 2008/09/04 10:04 AM |
政治の話はるーくさんが詳しいのでわたしはここまでです。
石原氏がなんと立候補しましたね。なんだ・・・つまらない(笑)。べつにイチオシってほどもなく、彼で勝てるというほどの自信もないけど、ほかでは、小沢民主党に負けるんじゃないかと・・・。
わたしは小沢氏がいいといってるわけではなく、現在のところ、彼を(勢いの面で)凌駕する政治家が見当たらないことが情けない、と思っているだけです。小沢氏は確かに往年よりも成長して貫禄はついたけれども、かつては、テレビゲームなどでは小ボスキャラにされるほどの悪役イメージで、その名残は依然として払拭されていませんしね。

だれもこんな時期に総理になるのは試練が多いから・・・というのはある程度わかるけど、昔だってたいへんな時期はそれぞれあったわけで、明治初期から戦時・戦後まもなくの気骨ある政治家と比べると、福田氏の辞任など、ばかやろう、といいたい気持ちです。それではなんのためにてめえは政治家になったのかと。歴代の総理にただ名を残したいだけだっのかなんて。ほかのも似たり寄ったり。政治屋ばかり。
という印象です。
渡辺喜美氏がいいのかどうかわかりませんが、一度地元に演説にきた麻生氏なんか、死んでも投票したくない、と家内は言ってました。人気があるのかどうか知りませんが、態度の端々に国民を小ばかにしている印象を受けます。ほんとうはそうではないのかも知れませんが、そう見られるというのは不徳のいたすところではないでしょうか。そんなのばっかりです。石原氏だってそうなのかも知れません。
政治の話はどうしても少ない情報と個人的見解があって不毛なので、これ以上はやめましょうね(笑)
| tanupon | 2008/09/05 1:30 AM |
個人的には総裁選後の衆院選挙が年内にあると・・・ギョームとからんで忙しくなりそうなので(笑)

演説の見事な政治家ってのがなかなかいません。
大衆をバカにした語りは言うに及ばず、まともな社会性を持って真摯に・・・
それでいて、ユーモアがあって!という人には巡り会った事ありません。

という事で総裁選は乱戦模様ですね。(^◇^;)
| るーく | 2008/09/05 1:14 PM |
なんか今回はさすがにいろいろ出てますね。麻生氏の楽勝かと思いきや・・・さてどうなるんでしょう。
るーくさんは、そうか、ギョームなんですね。お疲れ様です。
| tanupon | 2008/09/06 2:11 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/778156

トラックバック