Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

イタリア紀行機↓

2009.04.26 Sunday 03:03
せっかく行ったのだから、旅行記を書いてみようかと。
で、メインサイトにほんのさわりを掲載。
ここには、出発前のこととか、到着時のホテルの様子とかだけで、
肝心の名所スポットは、これからというところ。
これから海外に初めて行こうという人には、
もしかして参考になることもあれば幸い。

じぶん探訪 その7-1.イタリア紀行機 崕佝前の暗雲晴れて」
じぶん探訪 その7-2.イタリア紀行供 屮潺薀涼紂4待はずれも天気快晴」

ここでは、以下、上記の一部を紹介。
シベリア
これは、出発便の窓から見たシベリアの凍土。
外気は-50度だけど、地上でもそうとう寒そうだ。

日本語で書かれた警報ベル
最初のミラノのホテルのバスルームでの写真。
なんかヒモが垂れ下がっている。
これはバスルームで何かトラブルが起きたときにホテルマンを
呼ぶための警報アラーム。
ところが、用もないのに換気扇かなにかと間違えるのか、
これを引っ張ってしまう日本人が多くて
あちこちのホテルで困っているそうである。
そのせいか、このヒモにはこの部屋で唯一、
日本語で「警報ベル」と記されている。(画像クリック参照)

探訪 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

「警報ベル」でしたか^^
日本ではその手のモノはもう少しハイテクになっている。
せめてインターフォン機能ぐらいはついてるはず・・・
という思いから、浴槽の排水ヒモかな?と私でも引っ張り
そうです。(笑)

| るーく | 2009/04/28 12:07 AM |
向こうで泊まったホテルにはぜんぶコレがついていました。
日本人観光客が多いホテルにありがちなんでしょうけど、
もしも、外国人がヒモを引く確率が少ないのだとしたら・・・?。

おそらく、日本人は湯船に入って寛いだりする時間が長いからなのではないかと思います。
外人はシャワーだけで終わり。だからヒモの存在に気づかない場合が多い、ということかも。
| tanupon | 2009/04/28 12:18 AM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/835181

トラックバック