Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

文法チェック1

2010.01.14 Thursday 01:31
前回紹介した文法チェックだが、
エラーの指摘で、先頭の数字は重要度を 0〜9 で示し、9 になるほど致命的という、
その程度の度合いが高いものから少しずつ取り上げてみる。
まず、以下だが、

9: line 29: <DIV>を29行目の<H1>〜</H1>内に書くことはできません。 <DIV>〜</DIV>内に<H1>を書くことはできます。 → 解説 43

これは、<H1>をバナー化して、そこにバックグラウンドで画像を入れる処理をしたのだが、
その画像の上に、ページのタイトルだけでなく、サブフレーズも加えようとしたわけである。
そのサブフレーズの位置の指定がなかなかうまく調整できず、
あるWebdesignerに教わって、<DIV>〜</DIV>を用いてやってみたことなのだが・・・。

基本的に <H1>〜</H1>内に <DIV>〜</DIV>を入れ込むのは誤りということである。
結局、外に出しても指定を少し変えることで解決できたのだが、
<DIV>〜</DIV>の使い方を熟知していない当時は、それでどうしようもなかったわけである。

ただ、 <H1>〜</H1>内に <DIV>〜</DIV>を入れ込むのは誤りということだが、
そうしたからといって、見た目にはなんら支障はない。
文法チェックでは厳しく採点される項目、ということである。

次に、

9: line 162: </FONT> に対応する開始タグ <FONT> が見つかりません。 → 解説 69

上記は単純にタグの閉じ忘れだが、
こういうのは見た目にもかなり影響を及ぼす場合があるので
イージーミスとはいえ大きな減点となるのは仕方ないだろう。
余談だが、では、ここで<FONT>を補って修正したとしても、
実は、エラーとなる。
というのは、<FONT>タグ自体が文法チェックでは無効なのである。

バージョンアップした最新のものではどうなのかわからないが、
IBMのHPビルダーで作成すると、
文法チェックでビシバシはねられる形式の記述が多用されている。
この<FONT>もそうだし、以下の<CENTER>もそうである。

1: line 38: <CENTER> はあまり薦められないタグです。<DIV ALIGN="CENTER"> かスタイルシートを使いましょう。 → 解説 56

おかしいことに、上記の<DIV ALIGN="CENTER">
も、これに修正すると
減点されないが再度、軽度のエラーと指摘される。
正しくは<DIV STYLE="TEXT-ALIGN: CENTER;">である。
すべて外部スタイルシートを使うか、STYLE="" を用いなければならないわけである。

さて、減点でやっかいなのは、FLASHの埋め込みである。
これは、複雑なURLの表記そのもので減点されてしまう。
こればかりはどうしようもないので、文法チェックを無視するしかない。

この話は次回で。
WEB関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/935473

トラックバック