Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

SPAMメール

2010.07.20 Tuesday 15:34

前にうっかりサイト上に掲出してしまったメアド。
SPAMが届くようになってしばらく使用していなかったのだが、
再使用してみたのが1年ほど前。
最初の数ヵ月はだいじょうぶだったので、
Web上でソフトなどを契約しているところ専用のメアドとして
各種登録し直したのだが、最近になってポツポツとSPAMが届くようになった。
SPAM発信元にまだ昔の履歴がしつこく残っているらしい。

先日、うっかり送信拒否のURLをコピーしてブラウザ上で見てみた。
こちらのIPアドレスなどが表記されたフォームなどが掲載されたページが開く。
フォームに入力して送信したわけではないのだが、
この手のものは閲覧するだけでヤバイとも聞いている。
まずかったなと思ってすぐ閉じたのだが、案の定、その直後から、
SPAMがさらにひんぱんに届くようになった。
有用サイトなど何ヵ所もメアド変更の手続きをした経過があるので
またこのメアドを破棄して別のものに変えるのは少々めんどうだ。
なんとかSPAM排除できないかと調べてみたのだが・・・。

レンタルサーバが提供しているメール受信拒否設定では、
特定の有効メアド以外をいっさい拒否する、という設定はできないらしい。
SPAMのメアドをひとつひとつ受信拒否にすることはできるのだが、
例によってSPAMはメアドをひんぱんに変えてくるし、
サーバの拒否登録数には200とか上限がある。
ドメイン拒否という設定も別にあるのだが、、
ドメインが完全に一致したものしか拒否できないし、これも登録数に上限がある。
敵はメアドだけでなくよく似ているが少々異なるドメインも多数所持しているから、
拒否設定した直後からよく似たドメインのメアドで再送してくる。

以下がすべて届いたSPAMだが、ドメインがよく似たものがいくつかある。
これらはみんな出元は同じだろう。
いや、以下のすべてが同じ穴のムジナと想定される。

hhhh@06.kloopk.info
vv@036.cadexis.info
p@eh08.kxvbht.info
ttgk@eh10.kxvbht.info
takahashi_katuzou55@ax06.sxcdza.info
atari_baken_gogo@bg07.sxcdza.info
furin_ganbou_mecha_ike3245@bg04.wedffg.info
otona_shakouba_1919@cw05.sxcdza.info
kkq@fp09.kxvbht.info
nn@fp10.kxvbht.info
million77@ikeikeiba66.info
p@ax08.kxvbht.info
yuki_manami_1988@bg06.sxcdza.info
atari_baken_gogo@cw07.sxcdza.info
ttgk@ax10.kxvbht.info
tumashibari_2010@eh05.sxcdza.info
kkq@bg09.kxvbht.info
rina_love2_youth22@eh04.wedffg.info
nishiy14@jb13.lkjhgf.info
geradcup@ld13.lkjhgf.info
uuy@ld20.gfdsaz.info

これを並べてみてヘッダ等々からもみてみると
以下のような傾向があることに気づく。
・すべてあまり使用されていない.infoドメイン
・.kxvbht.info .sxcdza.info .wedffg.info .lkjhgf.info
が共通している
・それぞれ内容別になっているようで、出会い系、利殖、バイアグラ販売等々で
分類しているが、みんな同じ犯人だろう。
・中国経由で送信されている

こうした傾向があるのなら、サーバのサービスで、
・.infoのドメインのアドレスをすべて遮断するとか、
・特定の共通語句が含まれるドメインを拒否する、
・発信元中国のメールをすべて拒否する、
・件名が英字だけでなく日本語の語句での拒否設定
こうしたことができるようになるとありがたいのだが、
いまのところ有効な対策がとれていない。

とりあえずはいたちごっこではあるが、
上限まで根気よく受信拒否設定をしていくしかないなあと思っている。
あんまりひどくなるようだと、めんどうだがメアド変更して、
有用サイト等への変更手続きを再度するしかないだろう。

WEB関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/935482

トラックバック