Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

柚の大馬鹿18年

2010.10.12 Tuesday 22:12

 3年前の秋に荒れすぎた庭を少し整理し、
翌正月に、実の生る木でもということで、
柚子の苗木を植えることにしたのである。

柚子は家族みんなの好物なので、たくさん生るといいな、
なんて思っていたが1年経っても実どころか花、蕾すらつかない。

同じ町でやはり柚子の木を持っている妻の知り合いから聞いたところによると
「桃栗3年 柿8年」というのに続いて
「柚の大馬鹿18年」といわれるのだそうだ。

そんなことを初めから知っていたら、柚子は植えてなかったかも知れない。
娘は、「生らぬなら伐ってしまえバカのユズ」
妻は、「18年も待ってたらこっちが死んじまう」と手厳しい。
18年というのは極端な場合なのかも知れないが、
来年くらいまで待って、花芽すらつかないようなら、
引っこ抜いて別の木でも、なんて本気で思っていたところだった。

ところが、つい先日、庭でチョコを遊ばせていた娘が、
「あれっ?」と見つけたのが、以下。
チョコ
なんとその前日に、実は、茂りすぎた枝を剪定していたばかりなのに、
まったくその存在にわたしは気がついていなかった。
熟する前だからまるで保護色のように葉と同色になっているとはいえ、
信じられないほど大きく育っている。

今夏は例の猛暑だったし、他の樹木が枯れてはということで、
ついでにこの柚子にも欠かさず水をやっていたのがよかったのか。
それにしても、いったいいつ花が咲いたのだろう?

1個生れば次は30個、とゴキブリのようにはいかないだろうが、
これは来年が楽しみだなあ、と久々に楽しい気分になった。

自然 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

柚子もtanuponさんたちの気持ちを察したのでしょうか。
「これは切られたら大変!大変!!」とおもったのでしょうか。
貴重な1つの実、皆さんのお口に入るのが楽しみですね。
| fumifumi | 2010/10/30 1:31 PM |
fumifumさん、こんにちわ。
たったひとつですが、熟するのが楽しみです。これで来年も実るようなら、3年で実をつけたということでなかなかいい柚子といえるんですが、果たしてどうでしょう。
こちらは真冬並みの氷雨です。
| tanupon | 2010/10/30 3:41 PM |
これは、楽しみですね。

数年で、鍋もジャムも、柚子風呂も可能ですね。
| 石村雅幸 | 2010/11/17 2:15 PM |
>石村さん
柚子風呂ですか。なるほど、これはいいですね。ぜいたくですね。
うーん、たくさんとれないかなあ。
きょう現在、けっこう黄色く熟してきました。正月には食べられるかな?
| tanupon | 2010/11/17 11:38 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/935483

トラックバック