Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

東北関東大地震 体験記1

2011.03.15 Tuesday 23:55

これからの事を記すには、ある程度、わたしのプロフィールを知らせなればなりませんね。
わたしは、茨城県北相馬郡利根町の住人で、
今回の地震では、東北地方の人たちのような悲惨な事態は免れましたが、
茨城県沖の震源地にちかいこともあって、相当の恐怖を味わったものです。
その恐怖や不安は現在も、たびたびの余震や
ちょっと次元がちがいますが、食料・ガソリン不足等々でまだまだ続いています。

わたしの体験した、数々の思いをここにのべることは、
これから起こりうるだろう東海・東京大地震への少しでも
その備えとしてお役にたてることもあるかと、あえて記すことにしました。

そう思っている矢先、たったいま富士宮で震度6強の地震が起こりました。
本日の未明少し前に(5時前)、眠れないままに体験した
それまでとはちょっと異種といっていい東京湾震源の地震。
それがいまもいやな予感を感じています。
気象庁は東北・関東大地震とは無関係、などと説明をしているようですが
もはやだれもそんなふうに楽観的には思えないのではないかと思います。
今回の東北・関東大地震にしても気象庁から事前に聞いたことはありません。
要するに大地震の予知はほとんど現状ではムリというしかありません。

このブログを書く気になったのは、以下の要因です。
1.ようやく余震が少しおさまってきたこと
2.東京都心近辺にすむ多くの友人への情報提供として
3.本日、やっと少し食料を思わぬ形で手に入れて少し安心したこと

では、東北・関東大地震勃発時のときから少しずつ記憶をたどりながら・・・。

3月11日14時46分。
そのとき、わたしは直前に買ってきたばかりの春用の花を
庭の花壇やプランターに植え終わって水を撒き、
あー腰が痛いなどと言ってたときでした。
その日は晴れて、寒いというほどではなかったのですが
強風ではないものの若干、風がありました。

そばの縁側のガラス戸がガタガタいっています。
でも、ちょっとその音が尋常ではない感じになってきました。
突風かな、へんだな。顔には何も感じないし、と思った瞬間、
ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタッ
とものすごい音で家が揺れだしました。

タテヨコナナメいずれにも揺れ動いている感じ。
直下型とかそんなことを考える余裕すらありませんでしたが、
いまから思えば、ストンと落ちたという感じはありませんでした。

ガラス戸の内側はリビングで、そこには妻とチョコ(ポメラニアン)がいます。
2階には娘がいます。
立っていられないほどの揺れ方で、
一瞬、今の状況でいちばん危険なのはだれなのだろうかと思いました。

家は、瓦屋根ではないので落下物の心配はあまりないと思いました。
液状化になるような地域ではないハズなので、
庭にいるわたしの位置がいちばん安全と思いました。

1階にいる妻とチョコがまず心配です。家がつぶれれば上よりも下が危険。
少し揺れがおさまり(といっても終始震度5程度のゆれは続行)、
家の中に飛び込みました。ドアが閉じてしまわないように開け広げたままにして。

中で、妻がチョコを抱いて、42インチのテレビをもう一方の手で押さえていました。
外へ出よう、と声をかけましたが、
妻は外のほうが危険といっているようにそのときは聞こえました。
外に出ようとしません。

とりあえず、まわりに倒れて危険なものはないと思い、
リビングを出て階段の下から娘を大声で呼びました。
返事がないので階段を駆け上がり、娘の部屋へ。
娘は床に落ちたテレビのそばで立ちすくんでいるような感じ。
階下に下りようといいましたが娘は2階のほうが安心などと。
言うことを聞きません。
とりあえず無事を確認して階下へ。

▼課題は、家族の間で、地震が起こったとき、どこが安全なのか、
認識がちがっていたことです。
こういうことは、以前から話し合って決めておくべきことでしょう。
これは、マンション住まい、都心での住まい、それぞれにおいて
また季節・時間等々いろいろな要因を含めて多様性があります。
どこがどういう場合にいちばん安全なのか、事前に考えておくべきことでしょう。

少しおさまったので、近所の様子を。
結果的にほとんどが留守だったのですが、
お隣と真向かいの家のドアをたたいて返事がないときは
もしかしてタンスの下にでもなんて思いました。
近所の奥さん1人と会い、お隣さん等の留守の確認などを話し合うとともに、
近くでお年寄りがいないかどうかを話しました。
裏通りのおばあさんが心配で見てきます、と奥さんがいうので、
問題あればすぐ呼んでくださいと話していったん家に入りました。
その間も実は立て続けに震度5クラスの余震が起きていたのです。

震源地を知りたかったけど、地震と同時に停電となり、テレビはつきません。
ああ、ラジオなどなにも用意してないことをこんなときに痛感することになります。
(のちほど低レベルなラジオを妻が見つけてきてこれが実に役に立ちました)

▼高価なものではなくても、電源を必要としない携帯ラジオ+電池がぜったい必要

すると、娘が降りてきて、東北牡鹿半島、マグニチュード8.8と
携帯画面を見ながら言います。
ああ、やっぱりいい携帯でないと何も役に立たないな。
妻とわたしの携帯は何の機能もない旧式タイプ。

▼いい携帯もあると便利

ところで、娘からこの震源を聞いたとき実は、わたしは少なからずがっかりしました。
不謹慎な話かも知れませんが、
かねてより不安だったのは何時来てもおかしくないといわれていた東京・東海大地震。
それが今回だったら、とりあえずそれをいま生き延びさえすれば、
もうおそらく死ぬまで地震の恐怖を避けることができる、などと思ったからです。
それなのに、こんなに大きな地震を初体験したというのに、その震源が牡鹿半島とは!
(この後長生きすれば、まだ東海・東京大地震の恐怖におびえることになる!)

まだ何度も揺れ続けるなかで、リビングで3人と1匹、ただ呆然としていると、
15時過ぎにまたとてつもない大きな地震が襲ってきます。
それがあとで調べてみると2回目のマグニチュード7以上の地震だったのですが、
15時15分頃、わたしたちの地域にとっては最大の揺れだった
茨城県沖を震源とする3回目の地震が襲ってきました。

以下、次号。

気象・地震 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/935488

トラックバック