Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

更新プログラムでムダな徹夜

2011.05.21 Saturday 01:44

昨晩というか20日の早朝、就寝前のこと。
ちょっとネットを開こうとするとIEがやたら重い。
立ち上がりのGoogleが起動するのに1分、
それから自サイトへは遷移しない。
Googleの検索すらも、1文字入力したままで「応答しない」

直前に、最近、新規に設置したプリンタでスキャンなどしていたのだが、
それ以外は、なにか特別なソフトをインストールなどした覚えがない。

仕方なく、Firefoxを開くと、これはまったく問題ない。
ということは、IE単独での不具合が起きたようだ。
こんなことが起きると、翌日というか当日の予定とか吹っ飛んで
なんとか修正できるまでやってしまおうという悪い癖が出てしまう。

幸いにもFirefoxが健在なので、対処方法はネットで検索できる。
調べてみると・・・。
・アドオンが多くなっているのでそれを削除したらどうか
・一時ファイルや履歴がたまりすぎると重くなることがある
上記などは、まあそうかなとあまり期待せずにやってみたが、
やはり、期待はずれに終わってしまう。なんら解決しない。
・IEというどうしようもないブラウザなど使っているからだ
という意見もあり、まあそれもそうなんだろうなとも思う。

それからいろいろやってみたがどうにも解決しないので、
いちおう今後Firefoxに移行することを「覚悟して」
なんとか立ち上がりだけは見られるGoogleの画面で
現時点のお気に入りをエクスポートし、それをFirefoxにインポートした。
不慣れなブラウザなので、あまりのスムーズなインポートで
同じものを2つも入れ込んでしまったりする。
でも、ひとつを削除するのもカンタン。
使い慣れればやはりFirefoxのほうがよさそうではある。

しかし、サイトを構築している以上、まだシェアがトップであるIEを
まったく無視するわけにはいかないし、
やはり、慣れているので新しいのを覚えるのも面倒だ。

なんだかんだやって、要するにIEが重いわけだから
時間のかかることかかること。
むろんIE8のインストールし直しも試みた。これがまた長い。
そうこうしているときに再起動しようとしたとき、
Windowsの更新プロクラムの自動インストールのお知らせなどがある。
そんなことで時間もかかったりしたわけだ。
結果としてなんら解決しないまま夜がしらじらと明けてきた。

眠気も吹っ飛んでいるのだが、どこかで見切りをつけないとしょうがない。
最後の手段で、あの再起動に時間のかかるスキャンデスクでも
やってみるしか手立てがなくなってきた。
そんなもので直るとはとうてい思えなかったのだが・・・。

セットして再起動、いちど階下に下りて顔を洗ったりコーヒーを飲んだりして
上にあがるとまだstage4の43%。このstage4と5が時間かかるんだなあ。
おそらく解決していないことを見届けてから仮眠しようと思ったが
それから待つこと30分。いい加減にしてほしいよなあ。

しかし、なんと、それでIEが復活した!

よーーく、過去を振り返って見ると、
この原因はおそらく、Windowsの更新プログラムにあるようだ。

昨晩のまだ早い時間に、別の更新プログラムが
インストールされていたことを思い出した。
コントロールパネルで確認してみると
5/19で、IE8の更新プログラムKB2447568など4つがインストールされている。
調べてみるとNortonとの互換性を解決するものだったらしいが
Nortonは使ってないので当方には関係がないようなもの。
しかも、これ自体にどうも不具合があったといまは確信している。
これがインストールされてからIEが動かなくなったのだ。

そして4つのプログラムのうちの後半の1つか2つが
その不具合を直すために
急遽インストールされたパッチだったのではないだろうか。

Microsoftの無用な更新プログラムのせいで
一晩ほっておけば修正パッチで自然に解決していたことを
徹夜までしていろいろムダなことをさせられてしまった。

あー、疲れた。

ほかにWindows XP セキュリティ更新のプログラムが
いままでたびたび自動更新されているが、
恩恵がいまひとつよく分からないので、
セキュリティ更新とかなんとかいって、なんとなくXPを壊して
買い替えさせようとしているのではないかなどと
Microsoftの陰謀を疑ってみたりすることもある。

WEB関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/935495

トラックバック