Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

Pの密室 乱丁

2011.06.07 Tuesday 16:13
昨晩というか本日早朝、島田荘司の「Pの密室」を読了(したことになるのか?)。

最近はあまり読んでいなかった島田荘司だが、
 Pの密室は、名探偵「御手洗潔」の幼稚園児の頃の物語ということで
マーケットプレイスで久々にオーダーしたわけである。
中味は、「鈴蘭事件」と「Pの密室」の2作で構成されている。
御手洗潔は幼少時から「天才」だったことが如実に記されていて、
内容的にはまあまあだった。ところが・・・。
Pの密室

わたしはミステリーを読み出すと、
「翌日まで結末を待てない」という悪い性格があるため、
老眼が悪化した極めて不健康な状態で
またしても一気に明け方まで読み終えようとしてしまった。
そして、かすんだ目をこすりながら
もう少しで読了という最後のページに移ろうとしたとき・・・。
Pの密室

えっ、乱丁?
肝心なところで、しかも、もう寝ようという寸前なのに!
しかし、珍しいねえ。ずいぶん久々にみた乱丁だ。

でも、マーケットプレイス出品作とはどういうこと。
前に読んだひとはこれに気がつかなかったわけ?
そんなことないよね。
ミステリーファンなら、こんな結末を見ないで売るなんてことはありえない。
知ってて売った?うーん・・・。
でも、大したファンでもないひとが「積んどく」してあったものを
出品したのかも知れないし、まあいろいろ理由もあるのだろう。

 しかし、結末がすっきりしないわたしは困るなあ。
仕方ないから「壊れたページ」を拡げてみたりして
なんとか筋書きを追ったのだが、
まあトリックの大半はそれ以前に記されていたことなので、
要は物語としてどのように終わったのかその部分だけが不明といえば不明だった。

そこで、こうした乱丁の場合、綴じの関係でもう1ヵ所、
乱丁となっているところがあるにちがいないと探してみたら、
やはり、後半、岩波明という精神科医の解説のなかに当該ページが見つかった。
Pの密室

なんとなくすっきりはしないが、まあだいたいのところは拾い読みだが解読できた。
しっかり読もうとするなら、当該部分を切り取って、
ジグゾーパズルのようにはり合わせてみれば分かるだろう。
「乱丁・落丁はお取替えします」なのかも知れないが、
マーケットプレイスだし、いろいろ手続きも面倒だからやる気はない。
むしろ、乱丁の本を持っている、というのもいまどき面白いかもしれない。
ミステリー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/935500

トラックバック