Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

新雪を踏むような黄葉

2011.12.06 Tuesday 08:00
風邪なのか得体の知れない不調からの病み上がりだったが、
昨日は所用もあり、子安神社の公孫樹を撮りに出かけた。

黄葉の季節は、バイクではちょっと寒い時期なので
神社の公孫樹の存在は知っていたがまだ黄葉は見ていなかった。
一昨日までは雨など天候もよくなかったし、黄葉自体もいまひとつ。
昨日は晴れて暖かくまさに本年唯一のチャンス。
子安神社の黄葉
蛟もう神社門の宮の大公孫樹の黄葉を撮るついでだったのだが、
大公孫樹は9月の台風時に相当黄葉前の葉を落としてしまい、いまいちの様子。
同様のことが子安神社にもいえるわけだが、ここは雌雄2本の大樹がそれを補完しあい、
また境内も落ち葉が掃除されていない前だったのでとてもいい雰囲気である。
上の写真の奥にもう1本公孫樹が隠れている。雌雄がどちらなのか実はまだ知らない。子安神社の黄葉
ほかにわが利根町ではコミュニティセンターの大公孫樹も黄葉が素晴らしいが、
門の宮と同様のことが今年はいえそうだ。
フレッシュタウンのメイン通りも並木が黄葉するが、
どうもここは太い電線が邪魔をしてあまり美しく撮れない。
むしろ通りから入った利根中第2グラウンド脇の公孫樹のほうがきれいだが、
背景の青い柵が気に食わない。
子安神社の黄葉
人の雑踏がないほうが、こんなにもいい空間をつくってくれる。
まるで新雪を踏むような気持ちで、その上を歩いた。

素人カメラマンはあわてて前のマクロ撮影のままのf3.5開放絞りで
撮ってしまった。絞りも確認してないとは修行が足りないなあ。
撮り直しはまた来年まで待つしかない。
自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/935507

トラックバック