Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

苦難のPC交換顛末記2

2014.04.06 Sunday 00:19

話が先に飛ぶが、PCを交換してもらったいまとなっては、
Windowsが起動しにくい原因がどこにあったのか、釈然としない。
初期不良というしかないのだが、それをもう少し早く認識できていたら・・・
Win7や8が初体験であったことがいたずらに傷口を広げてしまったようだ。
 

以下は、まだPC交換前の話である。
 

・復元ポイントから起動するしかないのでそれを多用せざるを得なかった。
・もしかしてそれがWin7の仕様なのでは、などとも考えてしまった(おバカな話)。
 

・スリープなしに設定しているのに、電源を入れメーカーマークが出た後、
Winを起動しています・・・のあとでスリープになり止まってしまう。
・モニターの電源ランプを2回押すなどしてやっとスリープは解除されるが、
Winはそれからいつまでたっても起動しない。
・ものは試しで何回か3〜6時間ほど待ってみたがそのまま。起動できたことは1度もない。
・それに費やした時間もムダというしかない。
 

・結局、強制終了し、再度復元ポイントから起動し直すしか手段がないことになる。
・復元ポイントからは問題なくWinが起動する。このこともPC不良という判断を狂わせる。
・復元ポイントはセーフモードから立ち上げるのだが、いままで
セーフモードなどというものは幸か不幸か使用したことがなかった。
・おかげでセーフモードとはなんたるものか少し理解できた(唯一の収穫)。
 

・しかし、復元ポイントからの起動には悲しい事実がある。
・強制終了直前に行った各種カスタマイズ(ソフトのインストール等)は
それを行う前にもどってしまうので、またやり直しするしかないことだ。
せっかく、最新のアップデートも取り込んだというのに。
 

・ソフトウェアのインストール→ 再起動→ 再起動できず→ 復元ポイントからの起動
 

・この繰り返しにうんざりして、あるコツを思いついた。
・長くかかるインストール終了直後に手動で復元ポイントを作成することである。
・こうすればその後の再起動でWinが起動しなくても、カスタマイズ作業直後に戻れる。
・「何回かに1回はまともに再起動できたりする(笑)」ことがあるので、
2歩前進1歩後退で遅々として進むしかない。
 

・しかし、こんなセーフモードからの復元ポイントばかり使って
Winを立ち上げていくのが異常であることに変わりはない。
・ただ無知なわたしはWin7や8とはこういう厄介なものなのか、
という思いがあったのでそれを黙々と続けて、傷を深めていたことになる。
 

・そうした過度のシステムへの負荷が、もしかすると
外付けのHDDのファイルシステムに影響したかもしれない。
それを製品交換後に体験することになるがこの話はまた後で記す。
 

・あるときどうにも前に進めなくなって、30分も待ってメーカーサポートに問い合わせ、
その場でいろいろ診断するがPCには異常がないという結果(ウソというしかない)。
 

・それまでの苦労をすべてご和算にしてリカバリするしかないでしょう、という返答。
・リカバリしたのでは、2歩前進1歩後退の長時間かけてカスタマイズしてきたことが
すべて白紙に戻ってしまう。なんとかして避けたかったが・・・。
 

・ちなみにリカバリ以外の対処法は、「外付けHDDを全部外してやれ」とか、
「配線をいったんすべてはずし放電しろ」とか、
「たこ足ではなく柱のコンセントから直接電源とれ」、とか。
・正直言って、そのようにしていちどはうまく起動したこともあったが、
それは単なる偶然で、なんら解決にはならなかった。
・原因は初期不良、もともとメーカーの質が悪いPCだったことにつきる。
 

・買ったばかりのPCをリカバリするなんて!
・復元ポイントが小振出しなら、リカバリは大振出しに戻ること。
・上記が購入後1週間ほど苦労した後の話。
・そして泣く泣くリカバリをする。
 

・それまでの苦労もあり手順的に慣れたせいかリカバリ後は順調かと思われた
・しかし、すぐにまたおかしくなり、ついに2度目のリカバリを。ばかげた話だ。
 

・そして3度目の正直。慎重にBiosの変更やパーテイションの変更などはせず、
メーカー推奨どおりの手順でセットアップからカスタマイズを続けた。
・もし仮にパーティションの変更がすべてのトラブルの原因だったとしたら、
なぜそんな選択ができる仕様になっているのだ?怒り心頭!である。
 

・それが功を奏して、最初はスムーズにいったかと思われた。
・そうして購入後2週間近くなったころ、別のトラブルが発生した。
 

以下、顛末記3へ。

WEB関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/935520

トラックバック