Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

苦難のPC交換顛末記5

2014.04.09 Wednesday 00:30

実は3/12に前記の外付けHDDの「消せないファイル」トラブルが起こったのだが、
その2日前に、家内のXPのノートPCを買い換えていた。
彼女もそれまでわたしと同様のVaioのノートを使っていたが多少型が古く、
内蔵HDDも、Cが約20GB、Dが40GB程度しかなく、パンク寸前だった。
3/10時点でようやくわたしのPCも落ち着いてきたので購入したのである。
 

XPというかVaioは使いやすかったので、次もVaioといきたかったが、
どうもソニーはこれを外資かどこかに売り飛ばしてしまったと聞く。
ということで、現在評判がよさそうなNECを選択。F社はもう、お断りだ。
また、わたしのようにFTPを使うことはないので、7ではなく8.1に決めた。
量販店は8.1ならいろいろ取り揃えているのでなんとか手ごろなものを見つけた。
 

無論、設定等はわたしがすべてやらねばならない。
・困ったのは、最初に行うべきメール設定ができなかったことがある。
というのは、プロバイダのパスワードを忘れて再発行中だったから。
会員証再発行の郵便物がその時点でまだ届いていなかった。
・メアドの設定がないといろいろ支障があり次にすすめなくなる。
ようやく届いたのがちょうどわたしのPCが再度おかしくなった3/12。
 

だが、それまでに、配線や無線の設定、セットアップ等やることがあった。
わたしは2Fなので以前から有線だったが、家内は1Fで使う。
配線が少しでも少なくということで無線にしていた。
既存のはかなり昔のルーターで、ここでトラブルを抱えては・・・ということで
最新のBaffaloの無線ルーターを購入。散財ばかりだがこれは正解で、
問題なくセットでき、認識もスムーズ。しかし、問題はそれ以前のこと。
 

・Win8.1のセットアップを始めて、まったくびっくり仰天した。
・悪ふざけとしか思えないインターフェースの変貌に驚くというより腹が立った。
 

・Microsoftはこれまで築き上げた「使い勝手」という遺産を放棄してしまったのか?
・XPが良すぎて、買い替えが進まず、もうからないので、
つまらないものを捻り出したというしかない。
あまりのひどさに抗議が殺到して、開発担当は雲隠れしているというではないか。
 

わたしの場合、HDDがクラッシュしたための買い替えだったけど、
家内のXPも近年、更新プログラムを入れるたびにおかしくなっていった。怪しい。
 

・この分だと数年で、XPに準じたモデルをつくり、それを売り込むために、
現在のWin7や8および8.1に強制的に「あやしい更新プログラム」を入れ、壊そうと・・・
 

・8.1で復活したというおざなりの「スタートボタン」もわけのわからない役立たず仕様。
・電源切るにも、右までマウスをのばし「チャーム」などという、これもふざけた名の、
ひと時代前のキャッチバーの突き出しメニューでやらねばならない。
・タブレットも使ったことがないが、スマートフォンなどのタッチパネルにならって
タイルにしたのかも知れないが、購入したPCはタッチパネルではない。
 

・コントロールパネルはどこにある?
・エクスプローラはどこから開く?
・CやDドライブの中を見るのはどこをどうすればいい?
・ファイルの検索ボックスはどこにある?
・「ファイル名を記して実行」はどうすればできる?
 

・また、なにを調べるにも、すぐにMicrosoftの「門番」タイルがすっと前に出てきて、
むりやりサインインしろとかどうのこうのと邪魔をする。
・うざい、というか何というか、よくこんなにもひどいものを考えついたものだ。
 

第21回 Vecter プロレジグランプリに Back to XP for 8 が選ばれたのは当然。
http://n.shop.vector.co.jp/service/special/award/
引用すると、以下。
【ユーザーからのコメント】
・「Windows 8」を入れたものの今までの使い慣れたXPと違い、
フォルダひとつ探すのも大変でしたが「Back to XP for 8」を入れてから
スタートのタイルも出てこないし、XPと変わることのない操作で使用出来るようになり
全く便利です。Windows 8だということを忘れさせます。
・操作不明で困ったパソコンを、使えるようにしてくれました!
 

・このソフトを購入しようかと一瞬衝動にかられたが、勉強もかねて、
しばらくWin8.1を調べて自力でカスタマイズしてやろうと思った。
 

・今後、数多くの設定も生じるので、デスクトップに
コントロールパネルのショートカットを作っておくと便利。
 

・まず、タイルを経由しないで早くデスクトップを表示させる方法。これは以下に詳しい。
http://ja.community.dell.com/techcenter/b/weblog/archive/2013/10/18/windows-8-1-pc-modern-ui.aspx

1.デスクトップを表示して、タスクバーを右クリックして「プロパティ」を選択。
2.表示されるウィンドウの「ナビゲーション」タブをクリック。
3.サインイン時または画面上のすべてのアプリが終了したときに、スタート画面ではなくデスクップに移動する
にチェックを入れて「適用」→「OK」
 

・そして、デスクトップに「再起動」と「シャットダウン」のショートカットを。
これは実に有効。感謝するしかない。
http://pc-karuma.net/windows-8-add-shutdown-reboot-shortcuts/
 

・上記のショートカット3つを作成すると格段にWin8は使いやすくなる。
OSのスピードも早いので、こうすれば快適に使えると思う。
・標準のOutlookを使いたくない人は、メーラーへのショートカットも絶対に必要。
役立たずタイルはもう2度と・・・なるべく見たくないからね。
 

・まあ、こうでもしないと、うちの家内には使いこなせないだろうしなあ。
・メールパスワードが届いて、昔から大嫌いなOutlookを一時的に設定し、
その後、最新の秀丸メールを購入し、標準メーラーに設定。
 

・家内が、その後、トラブルにあったのは・・・。
・タスクバーのスピーカーがいつのまにか白いアイコンから
茶色の「Realtec HD マネジャー」に変化してしまったこと。
・ヘッドホンで音楽など聴かないわれわれにはこんな高度な音響関連ソフトは不要だ。
シンプルにボリュームを上げ下げできればそれでいいのである。
・ところがそれを元にもどすのが分からない。
対処法を検索すると逆にRealtec HD マネジャーを使いたいがどうすれば・・・ばかり(笑)。
 

・これは、コントロールパネルから。
タスクバーと[スタート]メニューのプロパティから通知領域の[カスタマイズ]、
そして[タスクバーに表示するアイコンと通知の選択]で、
音量(ボリューム)とReal tec マネジャーの2項目の内容を差し換えてやればOK。
・ただ、どうしていつのまにか変化してしまったのかは定かではない。
 

・こうして、家内の8.1ノート設定は約2日間程度で問題なく終了した。
FFFTPが作動するのか試してみたいけど、もう余計なことはしたくないし・・・。
 

・わたしはつねづね70歳前後の人でPCをまだ利用していない人に、
検索だけできればいいから、とPCを始めることを薦めていたが、
こんなろくでもないインターフェースのPCではとうてい説明しきれない。
 

とにかく、1ヵ月以上かけて七転八倒してきたWin7の設定に比べて、
インターフェースは最悪だが、数日で家内のWin8.1の設定は終えた。
ネットとメールくらいの利用なので複雑な設定やバックアップ体制、
ボリュームあるソフトのインスール等々が不要だったせいもあるだろう。
 

さて、わたしのWin7だが、もう少し、小さなトラブルがあったが、
長くなったので、それは次の最終回に。

WEB関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://columbusblog.tanuki-bayashi.com/trackback/935523

トラックバック