Columbus Blog

新発見日記。ただし発見の意味は広義・・・感想・愚痴もときどき・・・

ミンミン蝉よ、おまえもか

2013.08.26 Monday 18:04
最近は、ホントに昆虫採集少年なんていないんだな。

石碑の探索撮影途中、脇の潅木で
やたら景気よく鳴いているミンミンゼミに気が付いた。
こいつをひとつ、手づかみで捕まえてやろうとしたわけだ。
手づかみしたミンミンゼミ
しかし、こいつは、なかなか注意深い性格で、
また、せわしないというか気短かというか、
ひとしきりメスを鳴いて呼び続けるが、鳴き終わるまでにメスが来ない場合、
間髪を入れずすぐに次の場所に移動してしまう。待つことのできないヤツなのだ。

したがってこの移動性ナンパ野郎を捕まえるには、
鳴いている最中に、忍者のように速やかに近寄らなければならない。
ところが、敵もさるもので、少し近寄ると、すぐ察知し鳴き方がスローモーに変化する。
このとき強引に近づいて捕獲しようとするとまず確実に失敗する。
セミの位置が少し高所ならションベンをついでにひっかけられたりもする。

コツは鳴き方が変化したら、こちらも動きをいったん止め石に化けるのだ。
そうすると、敵は、「幕府の隠密ではないのかも?」と疑いながら、
少しずつもとのテンポに戻そうとするが、
疑い深いヤツは変化した鳴き声のまま長時間様子を見ていたりする。

そうして、だるまさんがころんだ風に、これを繰り返し、小刻みに間合いを狭め、
手をのばして確実に捕まえられる距離まで近づくことができれば、
捕獲は80%は可能になる。しかしこれは、補虫網を持っての話である。
昔は、ミンミンゼミを素手で捕まえるなどは至難の業だった。

ところが、運動神経はよくないが、
セミ捕りなど昆虫採集だけは得意だったわたしが、
往年の業も錆びついたような歳になって
このすばしこいミンミンゼミを補虫網なしで捕獲できるとは!

ここ数十年来の「死滅した昆虫少年」のせいで、
ミンミンゼミの警戒心のDNAが変化したとしか思えない。

で、撮影は片手でセミを持ちながらのメクラ(禁止用語?)撮りだが、ピンはあってたようだ。
セミはどうしたって?むろん、無罪放免。昔なら、・・・引き回しのうえ展翅板磔だったけど。

驚いただろうなあ。捕まえて放すまでずーーーっと泣きっぱなしだったし(笑)。
 
自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ひまわりか、かまきりか

2013.06.27 Thursday 16:11
どっちを撮りたかったの?

ひまわりとかまきり
自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

門の宮大公孫樹の黄葉

2012.11.30 Friday 03:45
いいにゃあ〜。

黄葉

蛟もう神社門の宮の大公孫樹
昨年は黄葉前の台風で葉が散っていまいち。
今年も夏に上部が強風で一部枯れたようだし、
昨今も雨が多かったため、
現在、黄葉の少し前なのだがあまり葉がない。
枯れた部分は来年は大丈夫と聞いたので期待しよう。
自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ウェルネススポーツ大学の黄葉

2012.11.14 Wednesday 15:39
2、3日前、通りかかったらもう公孫樹が黄葉している。
今年はちょっと早いのかな、と思ったが、
散ってしまっては困るのでさっそく出かけてみた。
黄葉

ところが、よく見ると黄葉しているのは、
旧利根中学校の第2グラウンドの周囲だけであることが分かった。
下写真の右がそのグラウンド。
道路を挟んだ向こう側の公孫樹はまだ黄葉していない。
黄葉

町の他の場所もまだのようだ。
今秋は、泉光寺や来見寺等々の公孫樹も
忘れずに撮ろうと思っているので、あわてて出かけたが、
この現「日本ウェルネススポーツ大学」のグラウンドの周囲だけは、
例年、早く黄葉することを覚えておこう。
黄葉
自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

チェックディスクの異変2

2012.10.03 Wednesday 00:26

前夜のチェックディスクの異変1の続きというか、後編。

毎回PC起動時に出現していた
「チェックディスク」が行われずに立ち上がってしまう
不愉快な青地の以下の文字現象は・・・。

Checking file system on C:
The type of the file system is NTFS.
Cannot open volume for direct access.
Windows has finished checking the disk.

上記は、アーク情報システム社製の「HD革命/BackUp Ver.12」
をアンインストールして再起動した瞬間に消滅した。

しかし、そのアンインストールは
チェックディスクの異変を解決するために行ったことではなく、
「HD革命/BackUp」のドライブ差分BackUpのバグに困り果てて、
再インストールしようとしたときに偶然、見つけたものだった。
いわば、「怪我の功名」である。

結論から言うと、XPのわたしのような環境で
「HD革命/BackUp」をインストールしている場合、
今後は2度と時間のかかる「チェックディスク」は
行わないほうがいいということである。

これは、わたしのPC環境での話しなので他ではそうでもないのかも知れない。
まあ、時間のかかる「チェックディスク」はあまり意味のないもののようなので
今後はそうでなくてもする気はないからいいけれど。

それにしても、こんなバックアップソフトが
チェックディスクの動作阻害の原因となっていること自体が
メカオンチのわたしにはなんとも不可解でならない。
最新のソフトウェアはXPでの動作チェックは疎かになるので
仕方がないことかも知れないが・・・。

ところで、チェックディスク異変は解決したが、
問題は、「HD革命/BackUp」の差分ドライブBackUpのバグである。
これは、途中で、スケジュールを変更するとか、フォルダ名称の変更とか
差分が多くなって時間がかかるときの変更手段とか、
あまり融通の利かないソフトではある。

アンインストールしないでそのままで過去のデータを一旦消去してしまった場合、
もういちど差分を取り直そうとすると、「以前とったBackupファイル」を呼び出すコマンドが
出たまま、それが見つからないとそれ以上進まなくなる。
おかげで、いろいろ雑事のあるここ数日で、250GBの10時間以上かかる
フルバックアップを都合3回も取らされるハメとなった。

が、メール等でこの不具合をメーカーに説明する気力はもはやない。
ほんとうはバグ修正してもらいたいのだが、
チェックディスクの青地画面が消えてくれたので、まあいいか。

WEB関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

チェックディスクの異変1

2012.10.02 Tuesday 22:35

話は、長くなるのだが、最近、例のあのstage3とかstage4とかに
膨大な時間を要する「チェックディスク」に異変が起きた。

これは、昔は「スキャンディスク」と呼ばれていたものに相当すると思っているが、
容量の少ないHDDの時代にはそれなりに問題を解決してくれた記憶が多々ある。
が、よくよく調べてみると、「破損したファイルを修復」などとあるが、
要は、うまく動かないものを削除していく機能?程度のことでしかなく、
現在は、あんな膨大な時間を要して行うことは弊害しかないという噂・・・。

それはともかくとして、今回は、
HDDを壊して以来、あまり調子のよくないPCの状態で
長い時間の浪費を覚悟して「チェックディスク」を久々に行ってみたのだが、
なんとも不可解なことになってしまった。

起動時(ログオン前)に毎回 以下のような表示が出て、
「チェックディスク」が行われずに立ち上がってしまう。

Checking file system on C:
The type of the file system is NTFS.
Cannot open volume for direct access.
Windows has finished checking the disk.

しかし、それはそれでとくに支障はないというものの、
毎回、「指定したチェックディスク」が完了していないまま、
そのコマンドは永久に残されたままで、
起動時に「例の青い地色」の上記英文字画面が
必ず出てしまい、これがまことに「うざい」。

ネット検索で、同様の症状が出ている場合の有効な処方を以下見つけたのだが・・・。

手動でスケジュールしたチェックディスクがOS起動時に毎回失敗して若干うざいのでなんとかした

わたしのPCの場合、この処方にある、
作戦2: システム構成ユーティリティ(msconfig) で一時的にブートオプションに /SAFEBOOT をつけて再起動し、チェックディスクを完遂させる作戦

というのが、どうもうまくいかない。/SAFEBOOT 再起動させても
チェックディスク時にやはりあの英文字が出て完遂しないのだ。

以前は、こういうことはなかったので、考えられることは、

1.新しいHDD(Baffalo製)のものを取り付けた
2.HD革命というバックアップソフトを導入した

上記しか原因は考えられないのだが、どうもちがう原因のような気もする。
1.のBaffaloHDD追加接続でTurbo Copy等々さまざまな便利機能を
アンインストールしてみたが、やはり「青字」は変化なしだったし、
2.はまさかこれを削除しても仕方ないだろうと思っている。

これは、もう、わたしの能力では解決できないし、
まあ、青地の画面が最初に一時的に出現するだけで
後はとくに問題ないので諦めるしかないと思っていた。

ところが、思いがけないことで、この直接の原因が判明し、同時に修復できてしまった。
原因はなんと「HD革命」のインストールにあった。
これは次回で説明する。

WEB関連 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

布川神社臨時大祭2012フィナーレ

2012.07.29 Sunday 23:19
布川神社臨時大祭2012年の最終日、フィナーレの模様。
2005年の開催時に3日間取材して記事にしたものは、
実は今回掲載するフィナーレが欠落している。
それを補完するために夜7時過ぎに、
やはり旧布川小学校の校庭から神社境内に入り込んだ。
このほうが、長い石段を登らなくてすむから。

でも、いったんは石段をある程度は降りないと下の様子がさすがに上からでは写せない。
それが以下だが、もうたくさんの人で、
とても6基の屋台前まで自由に行き来することは不可能だ。神社石段上から

7年前と同様「花火くぐり」に熱狂する人びと。屋台の神楽やお囃子もなかなかのもの。
左のほうの屋台3基の様子も撮りたいがちょっとムリだ。
神社石段上から花火など

石段70段の上り下りはくたびれるので上に登り、ここで1時間ほど待つ。
下では神輿が到着し屋台間をもみあいながら行き来するが、
残念だけどそれを撮るのは今回は諦めるしかない。

待っているとき、だんだんと人が石段上にも増えてきたが、
それほど明るいわけでもないのに熱気と騒がしさのせいか、
ニイニイゼミまで、鳴きだしたのには驚いた。

8時40分になってようやく神輿が石段を上がってくる。
担ぎ手はみな最後の力を振り絞ったすごい形相。
1回の往復でくたびれているだれかとは大違いだ。
神輿が石段を登る

境内に上がってもひとしきりもみあいながら、本殿に結局は納まることになる。
神輿が本殿に近づく

境内左手の社務所前にも、お神楽・お囃子が設定されていてフィナーレを盛り上げる。社務所でのお神楽

無事、神輿が本殿に納まり、2人の宮司により、最後の神事が取り仕切られる。神職の御祓い

最後に大当番、下柳宿の委員長のあいさつで2012年布川大祭の締めくくりとなる。大当番委員長のあいさつ

暑い夏の熱いイベントが、無事、終了した。
イベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

布川神社臨時大祭2012

2012.07.28 Saturday 23:29
布川神社臨時大祭2012年の2日目
2005年の開催時に3日間取材して記事にしたので
今回は暑さもあり補足的に撮影。

布川大祭は毎回大当番が交代していき、今回は「下柳宿」となっている。
以下の「下若」とは「下柳宿」の若衆という意味である。
下柳宿

「下柳宿」の屋台が見つからず、以下、「上柳宿」(上若)を紹介。
上柳宿の屋台

大会2日目は比較的、催しは控え目だが、そのかわり、
午後1時半ころから「大廻り」と称する昔ながらの衣装で
当該地域を担当者が周る儀式がある。
上柳宿の屋台

本日も、夜は屋台の共演があり、交通規制も行われていたのだが、
わたしの今回の撮影の主眼は以下。
掛行燈

毎回、天下泰平、五穀豊穣などを祈願して建てられる「掛行燈」。
日本画家の中村寿生氏デザインのなかなかの力作である。 掛行燈

よく視ると4柱の水神が、繩で捕らえられている。
水神は昔から水害に悩まされてきた利根町の守り神である。
と、同時に暴れ川のシンボルでもあるわけだ。
それが捕らわれているということは、いちおう安全ということだが、
昨今の政治のように人の正しい営みが損なわれると、いつまた暴れだすか知れない、
そんなことを言わんとしている絵馬なのかもしれない。

さて、この昼間での色調では、行燈にしてどうなのだろうか、
とちょっと気になって、検問のあるなか夕食をずらして、
日没後に夜の行燈を撮りに出かけた。掛行燈

掛行燈

わたしの思いは、杞憂にすぎなく、
いますぐにでも、龍神が飛び出すかの様で、
絵馬はいきいきと輝いていた。
イベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

オオミズアオ

2012.06.27 Wednesday 07:59
最近は地元サイトの更新ばかりで、ずいぶん久しぶりのブログ。
これもその探索中で見つけたもの。
オオミズアオ

「オオミズアオ!」
と、思わず声に出してしまいましたよ。
日本全体に広く生息しているというけど、
昆虫少年だったわたしの故郷ではいちども見たことは無かった。

おそらく死んでいるのだろうと思って、近くの細枝でつついてみると
弱っているようだが生きているようだ。

いままでつかまえたことはなかったから生態を知らなかったが、
成虫になると口が退化して何も食べられなくなるそうだ。
水も飲めないとなると、羽化してからただ死に向かうだけなのか?

現代ではチョウとガの区別はあまりつけないそうなのだが、
わたしが昆虫少年だったころは明確に区別されていた。

チョウは好きだがガはちょっと苦手。
でも、ヤママユガやスズメガだけは興味があった。
しかし、それらのいずれも故郷ではきわめてまれな存在。
オオスカシバやクスサン、そしてこのオオミズアオなど
すべて図鑑のなかでしか見たことが無かった。

これは小学校の校庭の桜の樹の下にいた。
故郷にも桜はたくさんあったのにいちども見かけなかった。
分布図をもっと正確に書いてもらいものだといまごろ思う。
もう昆虫採集などできない年齢なのだが・・・。
自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

新雪を踏むような黄葉

2011.12.06 Tuesday 08:00
風邪なのか得体の知れない不調からの病み上がりだったが、
昨日は所用もあり、子安神社の公孫樹を撮りに出かけた。

黄葉の季節は、バイクではちょっと寒い時期なので
神社の公孫樹の存在は知っていたがまだ黄葉は見ていなかった。
一昨日までは雨など天候もよくなかったし、黄葉自体もいまひとつ。
昨日は晴れて暖かくまさに本年唯一のチャンス。
子安神社の黄葉
蛟もう神社門の宮の大公孫樹の黄葉を撮るついでだったのだが、
大公孫樹は9月の台風時に相当黄葉前の葉を落としてしまい、いまいちの様子。
同様のことが子安神社にもいえるわけだが、ここは雌雄2本の大樹がそれを補完しあい、
また境内も落ち葉が掃除されていない前だったのでとてもいい雰囲気である。
上の写真の奥にもう1本公孫樹が隠れている。雌雄がどちらなのか実はまだ知らない。子安神社の黄葉
ほかにわが利根町ではコミュニティセンターの大公孫樹も黄葉が素晴らしいが、
門の宮と同様のことが今年はいえそうだ。
フレッシュタウンのメイン通りも並木が黄葉するが、
どうもここは太い電線が邪魔をしてあまり美しく撮れない。
むしろ通りから入った利根中第2グラウンド脇の公孫樹のほうがきれいだが、
背景の青い柵が気に食わない。
子安神社の黄葉
人の雑踏がないほうが、こんなにもいい空間をつくってくれる。
まるで新雪を踏むような気持ちで、その上を歩いた。

素人カメラマンはあわてて前のマクロ撮影のままのf3.5開放絞りで
撮ってしまった。絞りも確認してないとは修行が足りないなあ。
撮り直しはまた来年まで待つしかない。
自然 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |